海外FX会社は、A-book(Aブック)とB-book(Bブック)という2つの種類があります。

この2種類はFX会社の注文の処理方法の違いを指します。

つまりFX会社は、この注文の処理方法によりA-bookとB-bookに分類されます。

それでは、証券会社を選択するうえで、A-bookとB-bookとの違いを見ていきましょう。

A-bookのFX会社とは

A-bookのFX会社のメリット

A-bookのFX会社は、売買注文の際にディーラーを通さずに直接インターバンク市場に流します。

売買のオーダーは、全てインターバンクに行くため信頼性の高い取引ができるのがA-bookの特徴です。

また売買の手数料からしか利益をとらないため、投資家や企業間との利害関係もありませんしノミ行為もしていません。

A-bookのFX会社のデメリット

A-bookのFX会社は、ノミ行為をしていないため、手数料が利益になるため、スプレッドが少し広めにとられています。

B-bookが行っているような、入金ボーナスや取引ボーナスなどの派手なキャンペーンはほとんど行っていません。

B-bookのFX会社とは

B-bookのFX会社のメリット

B-bookのFX会社は、インターバンクに注文を流しません。

そのためインターバンクから調達できない注文でも通ります。

つまり巨大なLot(注文)も約定します。

また入金ボーナスや取引ボーナスなどの派手なキャンペーンも行われており、トレードしやすい環境が整えられています。

B-bookのFX会社のデメリット

B-bookのFX会社は、顧客の注文をインターバンクに流しません。

顧客の注文は、B-bookのFX会社自身が受け、ノミ行為をしています。

つまり顧客が負ければその分FX会社の利益になります。

しかし、顧客が勝った利益は、B-bookのFX会社が支払うことになります。

勝ち続ける顧客や優秀な自動売買ソフトを使用している顧客は、レバレッジ規制を受けるケースがあります。

つまり勝ち続けると、FX会社が損をしてしまうため、勝つ顧客には出て行ってほしいというのが本音です。

最後に

海外FX会社のA-bookとB-bookの違いを見てきました。

どちらを選ぶかは、あなたの置かれている環境にもよりますが、初めて海外FXにチャレンジするようであればA-bookがよいのかもしれません。

しかしあなたが勝ち続けるトレーダーもしくは優秀な自動売買ソフトで運用しているようであればA-bookの方が、適しているかもしれません。

メリット、デメリットを考えてご自身に合った証券会社を探してください。

スポンサーリンク




平均月利30%を超えるフェニックス社のFX自動売買ソフト

これは顧客が「売って下さい」とお願してくるソフトウェアです。

平均月利30%を超える自動売買ソフトです!

毎月、安定的にお金を生み出すことから口コミに火がつき現在、500人の方にご利用頂いています。

顧客が「売ってください」とお願いされる理由には、お金だけではないあなたが抱える根源的な悩みをも解決してくれるからです。

詳細は下記からアクセスしてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 + 9 =