毎月第一金曜日にアメリカの雇用統計が発表されます。

アメリカの雇用統計は世界中の金融市場の関係者が注目する指標です。

雇用統計を含めた経済指標の発表後には為替ルートが大きく動きます。

現在保有しているポジションを雇用統計前後にどう売買していくか戦略を練ることは、マーケットを攻略するうえでは重要になります。

それではアメリカの雇用統計について見ていきましょう。

アメリカ雇用統計の発表は日本時間でいつなのか?

アメリカの雇用統計は、毎月第一金曜日に発表されます。

日本時間21:30(4月~10月)、22:30(11月~3月)に発表されます。

トレーダーにとってはこの時間帯が月間を通して最も手に汗握る瞬間かもしれません。

アメリカの雇用統計とは?その影響は?

アメリカの雇用統計とはアメリカ労働省が発表している雇用者数や失業率などを調べた経済指標であり10数項目の統計が発表されます。

雇用統計も様々あり、下記が挙げられます。

POINT
失業率
非農業部門雇用者数
週労働時間
平均時給
建設業就業者数
製造業就業者数
金融機関就業者数
小売業就業者数

この中で最も注目するポイントが「失業率」と「非農業部門雇用者数」です。

この2つの数値により米ドルの為替ルートが大幅に乱高下します。

日本や欧州各国からも雇用関連の指標が発表されますが、アメリカの指標が重要視される理由がわかりますか?

その理由はFRB(連邦制度準備理事会)の最大の責務が「雇用の最大化」と「物価の安定」だからです。

つまり雇用統計が改善されると景気が良好と判断され、FRBの政策金利の引き上げにつながり米ドル高の要因になります。

雇用統計の影響次第では相場が荒れます。

雇用統計直後は値動きが激しいため、場合によっては1円幅で価格が前後することもありますので、資金管理は十分注意したほうがよいでしょう。

雇用統計はココでチェックしよう

①Yahoo!ファイナンス

Yahoo!ファイナンスでアメリカの雇用統計がチェックできます。

過去にさかのぼり確認できます。

また様々な経済指標も見れますので参考にして下さい。

Yahoo!ファイナンス 米雇用統計
https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/detail/9031

 

②ツイッターで確認

ツイッターで「米雇用統計」と検索して下さい。

そうすると下記のような情報が得ることができます。

③米労働省労働統計局

米労働省労働統計局
http://stats.bls.gov/news.release/empsit.toc.htm

英語表記ですが細かいところまで確認できますので興味がある方は確認してください。

2019年の雇用統計発表日!

2019年の雇用統計発表日になります。

時間は日本時間になります。

発表日 発表時間
1月4日(金) 22:30
2月1日(金) 22:30
3月8日(金) 22:30
4月5日(金) 21:30
5月3日(金) 21:30
6月7日(金) 21:30
7月5日(金) 21:30
8月2日(金) 21:30
9月6日(金) 21:30
10月4日(金) 21:30
11月1日(金) 22:30
12月6日(金) 22:30

最後に

アメリカの雇用統計は、毎月第一金曜日に発表されます。

雇用統計の発表日には米ドルの為替ルートが大幅に動きます。

重要な指標になりますのでチェックするようにして下さい。

またおもしろいことに、2018年6月にトランプ大統領が雇用統計の正式発表の1時間以上前にツイッターで、「雇用統計を見るのが楽しみだ」と投稿しました。

そのため、多くの元当局者から非難の声が上がりました。

トランプ大統領のツイートも様々な経済指標のヒントになりますのでフォローしておくと良いでしょう。

スポンサーリンク




平均月利30%を超えるフェニックス社のFX自動売買ソフト

これは顧客が「売って下さい」とお願してくるソフトウェアです。

平均月利30%を超える自動売買ソフトです!

毎月、安定的にお金を生み出すことから口コミに火がつき現在、500人の方にご利用頂いています。

顧客が「売ってください」とお願いされる理由には、お金だけではないあなたが抱える根源的な悩みをも解決してくれるからです。

詳細は下記からアクセスしてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine + fifteen =