2019年3月の実績になりますので参考にしてください。

裁量は一切なしで49,424円の運用利益がでています。(0,01設定)

3月はスワップ金利が大きくついてしまったため(-19,124円)、実際の収益は少なめ(30,300円)という結果になりました。

20万円なら月利24%(15%)

30万円なら月利16%(10%)

カッコ内はスワップ金利含み計算。

証拠金が少ないほうが「見た目の利率」は高く見えますがリスクも高くなります。

フェニックス社の2019年2月の実績は下記にて確認してください(PDFファイル)

スポンサーリンク




平均月利30%を超えるフェニックス社のFX自動売買ソフト

これは顧客が「売って下さい」とお願してくるソフトウェアです。

平均月利30%を超える自動売買ソフトです!

毎月、安定的にお金を生み出すことから口コミに火がつき現在、500人の方にご利用頂いています。

顧客が「売ってください」とお願いされる理由には、お金だけではないあなたが抱える根源的な悩みをも解決してくれるからです。

詳細は下記からアクセスしてください。



新オートトレードシステム

i-fhoenix

i-fhoenixはシステム提供会社と共同開発したシステムで、「EA(FX自動売買)とトレーダーのハイブリットシステム」 になります。

最低金額が10万円から始めることができ、完全にお任せのため初心者の方でも気軽に参加することができます。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 + four =